『義父に捧げられた身代わり奴隷』 拷問義娘 樹花凜

柔肌に食い込む荒縄の快楽と腿に食い込む重しの疼痛!父亡き後、母の手一つで育てられた花凛。苦労した母の再婚後、義父と三人で幸せに暮らしていた。ある日母親が心臓発作で急逝し、悲しみに暮れる義父。母の遺品を整理していて偶然見つけた日記には、義父と母のSM関係が書かれていた…。そして、花凜を奴隷として差し出すと誓ったことを知ることとなる…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください