「さて、そろそろ縛らせていただきましょうか?」男は、女の白く透き通る肌に縄をかけようとした。 「あぁっ。お、お願い、そんな事、なさらないで……」女の頬が恐怖でこわばる。女は肩を震わせ、床の上を這うように男からツツッと[…]