被虐とは何か。。。
被虐とは、恥辱であり、屈辱であり、理不尽であり、不条理であると思っています。
そして、それらは理性と欲情の間にあり、矛盾を抱えるから生じるものだと思っています。
矛盾が無ければ被虐もない。と、言うことになります。
誠に勝手ながら、SM バーや、縄会に被虐がないように思えるのは矛盾がないからだと私は思います。

私が思う被虐には妄想が欠かせません。
妄想が被虐を育てるのです。
SとMが妄想を共有できなければ不一致を生じます。
単にからだを縛れば被虐と嗜虐が生じるというものではありません。
妄想の共有は大事なことだと思っています。

貴女は、矛盾を抱え私と同じような妄想を抱いていると直感します。
そういうお相手とはなかなか出逢えないものです。
声は時々かけて頂くのですが、お断りしてしまうことがあります。
私は縄師やご主人様ではないからです。
貴女とは、私が求めるお相手に巡り会えたような気がしています。

私は求めたお相手をいじめたいと願う男ですから、求められたことが仇になるやもしれませんがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です