性的快楽(絶頂=いくこと)はS性ではなくM性だと思っています。
たとえ女を犯す男でも、いく時はM性の発露だと思っています。
SはSのままいくことはできない。 その証拠に、S男には遅漏(いきにくい)が多い。S女には隠れS男の存在が多い。
絶頂はM性の発露ではないでしょうか。
私にもM性はあります。
ただ奴隷という形ではなく、Sとして責められる妄想はあります。
そこで考えてみたのですが、自分がしたいことはされたいこと。されたいことは 相手にしたいこと。。 己の中にある妄想は両面性があるような気がします。
あるS女性にあなたのようなS男を責めてみたいと言われたことがあります。 何故なら、Sとしてのプライドから苦痛を与えられても声を上げない。許しを乞えない。 限界まで耐えるでしょうから。と言うのがその理由でした。
これは私が女に求める妄想でもあります。そういう女を責めで屈服させる。 そして貶めて、最後には奴隷とする。 SもMも紙一重かもしれませんね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です