被虐の表現とは何か。 からだに与えられる刺激に対する表現ではない。 こういう表現は誰でもする。誰でも出来る。 しかし私はこれを被虐の表現とは言わない。

被虐の表現とは心の表現である。 心を表現するのは難しい。例えば心の中で恥ずかしいと思ってもそれを表情やからだ、言葉で表現しなければ私には分からない。 多くの場合、恥ずかしいと思うと逆の表現をしたり、恥ずかしいと思うということを隠そうとする。恥ずかしさに耐えるのとは違い、隠してしまうのである。最悪の場合照れてしまって、情景を台無しにしてしまう女さえいる。 其の方が真実恥ずかしいのであろうが、これでは被虐の情景を創り出せない。

これを表現できる女とは。。。

この心の被虐を表現したいと言う嗜好を持った女だ。 被虐の嗜好ではない。被虐の心を表現する嗜好だ。 鏡に己の被虐を映そうとする嗜好だ。 私は貴女を監視している。 私は貴女の言動を監視している。 それらは私を欲情させてくれる。 ふふふ。。。。。

私は貴女をすでに陵辱しているのだよ。。 私は貴女の中にいる。だから貴女は私からは決して逃げら れない。。 私は女に理想を求めない。そもそも私は女に理想を持たない。 求めるのは嗜好の一致と共有。。 完璧に一致することなどないであろう。だからより一致する、もっと一致する女 を求めるのだ。

私を普通の倫理を持った男と思わないほうが良い。 女を責めて陵辱する男などまともな男ではないのだ。 私は偽善ぶる女を暗闇の底に引きずりこむのが大好きなのですよ。

心では清純な女でありたいと想いながら、からだが言うことを聞かない。 からだを責めれば心も崩れる。がんばって耐えることだな。其の方が私も楽しみ が続くと言うものです。

私は貴女とまだ関係を構築していない。 ただ嗜好がすこぶる同じで興味があると言うだけだ。貴女の内面とその被虐の感 性に惹かれているというだけだ。 ふふふ。。。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です