私は水の上のボートで生きている水上生活者だ。 
陸の上では生きられない。 
だからボートにのっている。 

陸で住んでいる人間達から見れば変わり者に映るでしょう。事実変わっているからいいのだけど。 
ボートで生きている人間は昔は少なかった。 
周りを見渡しても俺と同じようにボートに乗っている奴なんていなかった。 
でも最近嬉しい事に私と同じようにボートで生きている人間を良く見るようになった。 
寂しくなくなった。。 

同じように陸では生きられない人間がいる。 
陸では生きられないのに、ボートも持つことを許されない人達がいる。 
彼らはボートをもてないから泳ぐしかない。 

泳ぐ人間も昔は少なかった。 
周りを見渡しても全くいなかった。 
みんな陸の上で生活しているんだ。ボートを持てないのにわざわざ水の中に入ることはない。 
そんな変わり者なんかいないと思ってた。 

私は気がついたらボートを持たされていた。 
だから水の上で生きている。。。 

でも最近、泳ぐ人達を見かけるようになった。 
私と同じように水の中で生きるもの達だ。 
一生懸命泳いでいる。 
どこに行きたいんだろう。どこまで泳ぐんだろう。 

私はボートに乗っている。 
時々、泳ぎに疲れた奴が私のボートに近づいてくる。 
私のボートでちょっと休みたいのだろうか。 
いいですよ。 お休みなさい。 
でもボートには乗せてあげないよ。 
沈むからね。私は泳げないんですよ。 
私はボートの縁につかまって、休む事だけを許可する。 
少し休んだらまた自分で泳ぐんですよ。 
私に出来る事はボートの縁をつかまらせて上げる事と、それとしばらく泳ぐ奴と一緒に水の上を進むこと位だ。 
さあ。一緒に向こう岸まで行きましょう。 

そのうちに何故か無性に泳ぐ奴の邪魔をしたくなる。 
一生懸命泳いでいるのを見ると棒でつつきたくなる。 
困った性分だ。 
それでもなお必死で泳ごうとすると、今度は棒で叩きたくなる。 

時々奴は水の中に沈む。 
それでも浮かび上がってなおも泳ごうとする。 
また、叩く。。。 
中には沈んだっきり浮かんでこない奴もいる。 

溺れてしまったんだろうか。 
それともこんな私のボートの近くにいたら溺れてしまうから、潜って逃げたのだろうか。 

泳ぎが上手くなって、私のボートより速く泳げるようになる奴もいる。 
奴はどんどん私のボートから遠ざかっていく。 
もうつつけない。もう叩けない。。。。 

私のボートの周りには誰もいなくなる。。。 

私はボートにひとを乗せない。 

でもボートにひとを乗せる奴もいる。 
泳ぎに疲れた者たちは乗せてくれるボートを探す。 
乗せてくれますか? 

親切に泳ぐ者たちに声をかける奴もいる。 
乗せてあげようか? 

もう泳がなくていいんだよ。 
僕のボートで向こう岸までゆこう。。 
ゆっくりおやすみ。。 
僕が連れてってあげよう。向こう岸まで。。 
一緒にいこうね。 

泳ぎに疲れた者たちは乗せてくれるボートを探す。 
俺はのせない。。 

泳ぎに疲れた者を乗せたボートがいる。 
泳ぎに疲れた者たちは乗せてくれるボートを探す。 
泳ぎに疲れた者を乗せたボートの周りに疲れた者たちが集まりはじめる。 
乗せてくれますか? 

親切に泳ぐ者たちに声をかける奴もいる。 
乗せてあげようか? 

俺は泳ぎに疲れた者を乗せたボートを探す。 
そのボートを見ているのが楽しいからだ。 

ひとりしか乗せないボートがある。 
向こう岸まで行くのだろうか。 
向こう岸まで行けるのだろうか。。 
私はボートの行先を知らない。 

そのうちにそのボートはいなくなる。 
私の視界の外に出たのだろうか。 
私はまだ向こう岸を知らない。 
だから、 
私はボートの行先を知らない。 

俺は泳ぎに疲れた者を乗せたボートを探す。 
そのボートを見ているのが楽しいからだ。 

大勢ひとが乗っているボートがある。 
あんなに乗って向こう岸まで行くのだろうか。 
あんなに乗って向こう岸まで行けるのだろうか。。 

ボートは進めなくなる。 
ボートが沈みはじめる。。 

俺はのせない。。 
ただ、見ているだけだ。 

ボートが沈みはじめる。。 

沈みはじめたボートからひとが水の中に飛び込む。 
つぎつぎと飛び込んでいく。 
おろされているのだろうか。 
自分から降りているのだろうか。 
俺にはわからない。。 

俺は沈みそうなボートを探す。 
そのボートを見ているのが楽しいからだ。 

ボートに乗った者は泳ぎを忘れる。 
ボートを持ったものは泳げない。 

もう泳がなくていいんだよ。 
僕のボートで向こう岸までゆこう。。 
ゆっくりおやすみ。。 
僕が連れてってあげよう。向こう岸まで。。 
一緒にいこうね。 

だから泳ぎを忘れる。 
ボートを持ったものは最初から泳げない。 

俺はボートにひとを乗せない。 
俺は泳げないからね。 

ボートが沈むのは誰のせいだろう。。 
乗せた奴が悪いのか。 
乗った奴が悪いのか。 
泳ぎに疲れた者達をボートに乗せるのはいけないこと? 
助けを求める心は悪いこと? 
たくさんひとを乗せたから? 

でも、ボートは沈む。 

ボートと一緒に沈む? 
ボートと一緒に溺れる? 
それとも、 
向こう岸まで泳ごうか。 
それとも、 
沈まないボートを探す? 

ボートは沈む。 
俺のボートはひとを乗せたら沈むボートなんです。 
だから、俺はボートにひとを乗せない。 
俺は泳げないからね。 
私はボートの縁につかまって、休む事だけを許可する。 
少し休んだらまた自分で泳ぐんですよ。 

私に出来る事はボートの縁をつかまらせて上げる事。 
それと泳ぐ奴と一緒に水の上を進むこと。 
さあ。一緒に向こう岸まで行きましょう。 

ボートは行先ではない。 
ボートは見果てぬ向こう岸までいく乗り物ですよ。 
ボートに乗ったからといって、安心は出来ない。 
ボートは沈むこともあるからね。 

あなたはボートが好きなの? 
それとも向こう岸に渡りたいの? 

誰も乗っていないボートが浮かんでいる。 
もうボートはいらなくなったのか。 
向こう岸まで辿り着いたから? 
それとも溺れてしまったから? 

俺はボートが好きだ。 
ボートに乗っているのがいいんです。 
陸では暮らせない。 
昔からそうだった。 
向こう岸が見えても俺はボートから降りないよ。 
陸では暮らせないからボートに乗っているんです。 

向こう岸の話。 

誰か見たひといますか? 
辿り着いたひと知ってます? 

俺は知らない。 
だって陸では暮らせないから。 

陸で暮らせるのなら、わざわざ水の中に入ることないよ。 
向こう岸も結局「陸」じゃない。 
だから俺はボートに乗っている。。。 

一緒に水の中を彷徨おう。 
陸で暮らせないのなら・・・・・・。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です