鬼縄会

緊縛同好会の呑み会から発展して早くも「縄会」が発足しました。その名も「鬼縄会」

「鬼縄会」は団鬼六小説の世界を具現する縄会で、講習会バージョンと責め会バージョンとで構成されている。
メンバーは全員、本名、住所、職業を明かして参加することが決まっている。
責め会バージョンでは、責め手はふんどし着用必須が義務づけられた。

「鬼縄会」に参加するには、まず「麻縄緊縛同好会」SNSで行われる「鬼縄呑み会」に参加して、メンバーの承認を得る必要がある。
「麻縄緊縛同好会」SNSで行われる「鬼縄呑み会」は、登録すれば誰でも参加できます。

将来は独自の責め部屋を持とうということになっている。それまではメンバーの所有している責め部屋を借りて実施する事が決まった。これが結構な責め部屋なんだな。

初期メンバーは男性4人、女性2人で発足しました。

ご報告まで。。。。

oninawakai

鬼縄 Written by:

■普通の趣味: 酒を飲むこと。音楽を聴くこと(クラシック)。映画を観ること。インターネット。 ■性癖: 縄で女を縛ること。女を羞恥に悶えさせること。筆で女を擽ること。バイブ(張形)で女をいかせること。焦らし責め、快楽責めが好きです。 ■嗜好:S(精神的SM愛好者) 女性の悶える表情、苦しむ顔が大好きです。 脚フェチです。脚の綺麗な女性、スタイルの良い女性、ハイヒールが似合う女性に惹かれます。 責めは理不尽です。なぜなら理不尽が被虐を育てるからです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です