男の出発点

男の出発は異性の親に依存するところから始まる。
まったく無知無能な男の子は全知全能である母親から生まれ、初期の段階では依存し支配される。そしてこの時期男の子は不能である。
この記憶が男の心理内に不能状態と女の支配とを結びつける。したがって男は不能を克服し、性能力を発揮する為には女の支配を打破し、女を支配しなければならない。
その証拠に、地位とか身分とか才能とか何らかの点で自分より上の女、敬意を払わざるを得ない女、支配的な強い女などに対してしばしば不能になる。

この説明は私にはよくあてはまる。だからこそ支配とは違うが何らかの点で自分より勝る女を陵辱したがるのである。
しかしこれではM男性の欲情を説明できないね。
ある男の一面を説明したに過ぎない。欲情のメカニズムは難解だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です